前立腺とは 男性だけが持っている生殖器官の一部です。大きさ・形はちょうど栗の実くらいで膀胱のほぼ真下にあり、尿道を取り囲んでいます。
前立腺は精液の一部となる「前立腺液」を分泌したり、膀胱の出口を開け閉めする働きをしています。
前立腺肥大症とは 前立腺は50歳代後半になると、大きくなりやすく、それ自体は加齢による生理的な変化です。病気ではありませんが、病的に肥大し、尿道を圧迫して排尿障害などの症状を起こすようになることです。
症 状
  • 夜中にトイレに2回以上通う
  • 残尿感がある
  • 排尿に時間がかかる
  • 尿の勢いが弱く、尿の線が細い
  • 排尿しようとしてから尿が出るまでに時間がかかる
  • いきまないと排尿できない
治 療 前立腺肥大があっても排尿状態に不便を感じなければ治療の必要はありません。検査をした上で治療が必要かどうか判断します。初期の場合は薬物療法が有効です。進んだ場合は手術療法が有効です。
 

心がけたい生活習慣

  • アルコールを控える
  • 刺激の強いものは避ける
  • 下半身を冷やさない
  • 動物性の脂肪とたんぱく質の食べすぎはよくない
  • 風邪薬、せき止めの薬、鼻炎の薬は膀胱の
    排尿する力を弱める働きがあるので要注意です

 

前立腺がんとは 自覚症状がなく進行する怖い病気です。

前立腺がんは前立腺の外側から発生しやすく、尿道や膀胱に影響が出てくるのは、がんがある程度進行してからになります。つまり、前立腺がんは、初期には自覚症状がなく、尿が出にくいなどの症状があらわれたときにはすでにがんが進行しているという怖い病気なのです。前立腺がんは高齢者のがんといわれ、近年急カーブで増えています。

症 状
  • 早期ではほとんど無症状です
  • 前立腺肥大症と同じような症状が出ることもあります
  • 尿の回数が増えたり、出にくくなったり、腰痛、腹部痛など気になる症状があったら、泌尿器科の受診をおすすめします。
検 査

前立腺がんを早期発見するための検査は以下のの3つの方法があります。
  • 直腸診
  • 超音波診断
  • 血液検査(腫瘍マーカー・
                   前立腺特異抗原(PSA)の測定)

    血液検査(PSA検査)は簡単で確実です。

  50歳を過ぎたら、まず血液検査をしましょう!

治 療 前立腺がんは進行がゆっくりで、他のがんに比べ、薬の治療が有効です。
予 防 野菜をたくさん食べるとともに肉類や乳製品を控えて、動物性脂肪の摂取を控えましょう。

 

男性は、50歳を過ぎたら、また家族に前立腺がんの患者さんがいる場合は40歳を過ぎたら、毎年1回は血液検査(PSA検査)を受けることをお勧めします。